2009年08月04日

手軽で本格的なハーブ蒸留器

oilmakerlarge[2].jpgoilmaker2[1].jpg


晴れハーブ蒸留器もいろいろ。

ハーブを蒸留して、精油(エッセンシャルオイル)やハーブウォーターを作ってみたい・・・
というニーズは多いと思いますが、本格的な蒸留装置となるとちょっとお値段もたいへんですし、設置スペースなどの問題もあります。そうかといって手作りの蒸留器など、あまり簡易な装置も物足らない・・・

そこでご紹介するのが、ご家庭でも簡単に各種ハーブよりエッセンシャルオイルハーブウォーターを抽出できる小型蒸留器(日本製)です。
ハーブ園、アロマショップ、イベントなどでのハーブ蒸留のデモのほか、教室・サークルでの研究や学習に最適です。

素材に耐熱ガラスを用いておりますので、全行程が確認(画像右側)できます。

晴れハーブオイルメーカー・スタンダードサイズ(画像右)

外 寸 500(W)x300(D)x600(H)
ハーブ容量(目安):約200g〜300g(水量約1リットル)
重 量  :約6.7kg
材 質   :ガラス・スチール・ステンレス(組立式/日本製)
電 源   :100V・50/60HZ
消費電力 : 1400W(電気代目安14円/時)
コード長さ: 約180cm
※精油保存瓶(10ml)・ハーブ水保存瓶(200ml)各3本付き。

ひらめきコメント:ヒーターにはIHヒーターが使用されています。
目安ですが、電源ONより約15分で沸騰、45分で抽出できます。(※ハーブの種類や条件により異なります。)水道蛇口が近くに無くても使えて便利です。(※冷却塔にあらかじめ冷水を入れて使います。冷却水が温まって来たら、排出して交換するよう な構造になっています。夏期などは砕いた氷等を入れると効率が良いです。)★小型ですが、水道設備が近くに無くても良いのと、全てガラス張りのため蒸留の様子がよく見えるので、セミナーや研修でよく用いられています。


晴れハーブオイルメーカーラージサイズ(画像左)

外 寸 : 500(W)x400(D)x700(H)
ハーブ容量 (目安) :約1000g〜1200g (水量約2.7リットル)
重 量 :約8kg
材 質 :ガラス・スチール・ステンレス(組立式/日本製)
電 源 :100V・50/60HZ ※IHヒーター、タイマー付
消費電力 :1400W(電気代目安25円/時)
コード長さ: 約180cm
※精油保存瓶(10ml)・ハーブ水保存瓶(200ml)各5本付き。

ひらめきコメント:冷却は水道水で行いますので、使用場所には水道蛇口が必要です。 ホースは給排水用2本(各約5m)が付属します。システムキッチンの蛇口(ネジ式)に接続するアダプターが一つ付きますが、万能ではないので、蛇口形状により必要に応じてホームセンターなどでご用意するようになります。
電源ONより約1時間で抽出(目安)。
※ヒーターにはIHヒーターが使用されています。過熱防止機能およびタイマー付きです。


ハーブオイルメーカー(ハーブ蒸留器)の詳細はこちら。
Yahoo!ショッピングのハーブ蒸留器販売サイト






-----------おすすめサイト-----------


精油ならプラナロム社
ベルマン化粧品 販売情報ページ
ピクノジェノール 活





posted by 和尚さんJr. at 18:53| 日記